スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

子供の病気 発熱

子供病気熱

子供は本当にすぐに熱をだします。

それも、突然。。。

まずは、基本として子供のいつもの平熱を知っておきましょう。

子供の平熱は高いのが普通です。

36度5分から高い子供は37度5分が平熱の時もあります。

平熱から1度が発熱の目安です。

子供の場合、熱の高さが病気の重傷度ではないです。

熱の高さじゃなく、子供の様子で見極めましょう。

機嫌もよく、顔色も悪くなく、熱と下痢の症状以外がなければまずは安心です。

安静にしてあげましょう。

一番よくない発熱は、熱自体は高くないのにぐったりして顔色が悪いときです。

そんなときは、迷わずに病院に連れて行って下さい。

☆こんなときは病院へ伝行きましょう。

  • 顔色が悪くて、元気がなく、食欲もなく、機嫌が悪いなど、全体症状が悪いとき。

  • 熱が3日以上続いていたり、熱のほかにも、下痢、嘔吐、腹痛、けいれんなどの症状がある場合。

☆特に緊急の場合

子供の熱で緊急を要するのは次のようなときです。そんなときは、夜間でも、緊急病院へ連れて行きましょう。

三ヶ月までの赤ちゃんは、38度以上の熱がある場合は、すぐに病院へ連れて行きましょう。

  • ぐったりしている。

  • 著しく機嫌が悪い

  • 顔色や唇が紫色に変色している。

  • 呼吸が苦しそう。

  • 意識がぼんやりしていて、名前を呼んでも反応が悪い。

  • 嘔吐や下痢、腹痛、痙攣などが激しい場合。
子供の病気症状別対策
スポンサーサイト

スポンサードリンク

子供の病気症状別対策について

最近の子供は喘息やアトピーなど、アレルギー性の疾患を患っている場合が多いようです。そのほかにも子供がかかりやすい症状についてキチンと知っておきましょう。

«子供が発熱した時に家でできる事(ホームケア) | HOME |  子供が耳を痒がったり痛がったりするとき»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。